うつ病かもしれないと思ったら

うつ病になると?

うつ病の主な症状に「強い憂うつ感」があります。これを医学的に「抑うつ症状」と言いますが、「気がめいる」や「むなしい」といった感情は誰もが経験することでもあります。

こういう気持ちはたいがい原因となる出来事があり、その出来事がなくなって解決の方法が見つかると症状はおさまるものです。

しかし、うつ病の場合は原因がわかっていても1週間、2週間と経過しても抑うつ症状が続き、とても苦しい思いをして気分が落ち込むと同時に意欲も低下します。そのため、家事をしたくない、外出がおっくうだ、身だしなみを整えるのが面倒だと感じるようになります。

うつ病になるとさまざまな症状が表れます。

からだに表れる主な症状としては、「睡眠障害」や「食欲の減退」、「疲労感・倦怠感」や「動悸・息苦しさ・口が渇」、「からだの重さや痛み」などがあげられます。

こころに表れる主な症状としては、「不安」や「焦燥」、「抑うつ気分」や「遠くへ行きたい・消えてしまいたい」などがあげられます。

また、「興味や喜びの喪失」や「自分を責める」、「会話や本などの内容が頭に入ってこない」や「意欲の低下やおっくう感」などもあげられます。

うつ病は脳のエネルギーが欠乏した状態で、それによりさまざまな意欲の低下や憂うつな気分といった心理的症状が続きます。つまり、エネルギーの欠乏により、脳のシステム全体にトラブルが生じてしまっていると考えることができます。

本来、私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっており、さまざまな不具合を回復へ導いてくれます。しかし、時間が経過しても改善せず悪化して生活に支障をきたす場合は脳が「病気」ととらえるため、さまざまな症状を引き起こすのです。

こころにはどんな症状が表れる?

うつ病の人に表れるこころの症状のひとつでもある「不安」によって、まずじっとしていることができなくなります。じっとしていることができずにソワソワと歩き回ったりしますが、気持ちや考えが空回りしているだけで実際のところは何も解決しません。たとえば、仕事をやらなくてはと思っていても、気持ちばかりが先行して進まずに段取りも悪くなります。

また、誰かと話をしているときも相手の話を聞いているようで聞いていないことも多く、実は自分の悩みや辛さを相手に伝えるだけで、会話が堂々巡りをしてしまうといったこともあります。

他にも、「焦燥」には静かに座っていることができない、手首を回す、足踏みをする、皮膚や服などを引っ張ったりこすったりする等の症状が含まれています。これらの症状は、ただ単に自分は落ち着きがないと思っているだけではなく、周囲の誰が見てもはっきりとわかるほどに重い症状の場合を指します。

普段なら問題なくできていたことが思うようにできなくなるため、何とかしなくてはと頭では考えるものの、焦りばかりがつのりイライラしてしまいます。焦りでイライラするという症状が出ると、何に対しても敏感になって周りにあたってしまいますので気を付けなくてはなりません。

こういった「不安」や「焦燥」が強いタイプのうつ病は、高齢者に特に多いと言われています。「不安」や「焦燥」が強いと「消えてしまいたい」思いにつながりがちです。そのため、特に高齢者には注意が必要です。

うつ病でみられる代表的なこころの症状でもある「抑うつ気分」は、言葉だけではどんな気分なのかわからないかもしれません。イメージで言うならば、「悲しい」、「憂うつ」、「落ち込む・気落ちする」、「希望がない」ということになります。また、世の中がばかばかしい、今にも泣きだしたい、うつ病の悲しみを否定する、怒りっぽくなるという気持ちになります。このような抑うつ気分は自然なこころの反応でもあり、誰もが経験することだと言えますが、症状が長く続く場合はうつ病の可能性を疑ってみてください。

抑うつ気分のイメージ

  • 悲しい
  • 憂うつ(鬱)
  • 落ち込む
  • 気落ちする
  • 希望がない

 

 

こころが弱ってしまったときは?

うつ病治療には「休養」「環境調整」「精神療法」「薬物治療」が必要となります。うつ病は脳の病気のため、治療しないと悪化して治りにくくなりその後の社会生活に大きな悪影響を与えてしまいますので、なるべく早い段階で治療を開始しましょう

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココがポイント[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-hand-o-right” iconcolor=”#3F51B5″ bgcolor=”#E8EAF6″ color=”#000000″ iconsize=”200″]うつ病は脳の病気=なるべく早い段階で治療を開始[/st-cmemo]

日常生活で気を付けたいことは、脳と体を休ませて健康な生活を送るために十分な睡眠を心がけることや、自分の性格や考え方を知り無理が重ならないようにコントロールすることです。また、意識的に休養を取りストレスを発散させて、なるべくいつも同じ時間に就寝・起床して体のリズムをつくることや栄養バランスのとれた食事をするといった基本的なことも大切です。

他にも、過度の飲酒は依存症を引き起こす可能性があるためアルコールは控えることや、集中力や判断力が低下するため自動車の運転には注意すること、適度な運動を心がけることや一人で悩まないで家族や友人、主治医に相談することなど、日常生活において実にさまざまなことに気を付ける必要があります。

また、うつ病を発症すると適切な判断ができなくなる場合もありますので、調子の悪い時には重要な決断を避けて、結論を先延ばしにするようにしましょう。

 

まとめ

うつ病は自分が悪いとつい思いがちのため、周りにあたったり自分を責めることになり、自分はだめだと思ってしまうこともあります。この悪循環からうつ病をさらに悪化させてしまう可能性がありますので、早期治療が大切です。

以前と比べたら、うつ病は社会に認知されてきています。しかし、症状の多くが主観的な訴えのため、気のせいや甘え、なまけとして見過ごされることが多いようです。

調子の悪いまま無理をして力尽きて倒れてしまう前に、自身のこころの声に耳を傾けて、不調を感じたら早めに専門医を受診することをおすすめします。

コラムの関連記事