セラピストの種類

さまざまな形で治療や療法を行うセラピストですが、大きく分けると「身体に関するセラピスト」と「こころに関するセラピスト」が存在することをご存知でしょうか。

それぞれどのような内容なのかを理解するとともに、上手く利用することによって日常に癒しがもたらされます。自身の状況に合わせて日常に積極的に取り入れましょう。

 

身体に関するセラピスト

「身体に関するセラピスト」は身体の状態やバランスを整えることを目的として、不調を取り除いたり癒しを与えてくれます。

具体的にはあん摩マッサージ指圧師やオリエンタルリンパドレナージュ、アロマセラピストや理学療法士、言語聴覚士や作業療法士などがあげられます。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格で、マッサージ系のセラピストの代表とも言えます。

手技で筋肉の緊張をほぐすことによって身体機能の調整や血行促進、痛みの軽減などに有効です。

オリエンタルリンパドレナージュはリンパドレナージュにツボの施術も合わせたもので、リンパの流れを促進し、むくみやだるさの軽減に有効です。

アロマセラピストは公益社団法人日本アロマ環境協会認定の資格で、エッセンシャルオイルを活用してリフレッシュやリラクゼーションの促進を促す自然療法です。

アロマセラピストはエッセンシャルオイルのみならず解剖生理学や皮膚科学の知識、トリートメント技術なども兼ね揃えている公益社団法人日本アロマ環境協会認定の資格になります。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は医療施設や福祉施設でリハビリを行っていて、障害を持つ患者様の指導や訓練を行って日常生活や社会生活のサポートをしてくれます。

 

こころに関するセラピスト

「こころに関するセラピスト」は、施術によって心身の負担を軽減するとともにこころの悩みをサポートしてくれます。

具体的にはメンタルセラピストや臨床心理士をあらわします。

メンタルセラピストは対話によって相手の気持ちに寄り添うとともに心身の負担を軽減し、メンタルケアを行ってくれます。

また、臨床心理士は心理系の民間資格の中で最も権威があるとされていて、一人ひとりに合った心理療法やカウンセリングを行うとともにこころの問題を解決するサポートをしてくれます。

実にさまざまなセラピストが存在しますので、心身の状態に合わせて積極的に取り入れてみることをおすすめします。

 

 

その他のセラピスト

アニマルセラピストやスピリチュアルセラピストをご存知でしょうか。

アニマルセラピストは動物と触れ合うことによって癒しをもたらすアニマルセラピーを行ってくれます。アニマルセラピーの歴史は古く、古代ローマ時代から馬を用いて行われていて20世紀半ばからは最も身近な動物とも言える犬を用いて行われるようにもなりました。

家庭でペットを飼うこともアニマルセラピーの一種ですし、生活習慣病や認知症、うつ病の予防にも有効です。

動物と触れ合うことによって感じる心地よさによって脳からオキシトシンが分泌されるのですが、このオキシトシンにはストレスホルモンのコルチゾールの分泌を抑える役割を果たします。

コルチゾールはストレスを感じると分泌されるホルモンですが、過剰に分泌されることによって高血糖や高血圧、糖尿病や心臓病を引き起こしかねませんので気を付けなくてはなりません。

脳からオキシトシンが分泌されることによってこういった生活習慣病の予防にも繋がりますのでおすすめです。

最近では医療施設をはじめ多くの場所で取り入れられつつあるアニマルセラピーは、精神的にも身体的にも機能を向上させてくれると言えます。

また、オキシトシンが増えることによって信頼感や愛情が増すことから人とのコミュニケーションが増えて認知症やうつ病の予防にも繋がります。普段自発性がない方も、動物を触ったり撫でたりするといった自発的な行動が促進されますし、動物を通して会話が増えるといったメリットもあることから、生活の質の向上を促すと言うことができます。

スピリチュアルセラピストは心に不安を抱えている人に対して霊的な能力を駆使して一緒に悩みを解決してくれます。

一般的にはあまり認知されていないことからネガティブな印象をお持ちの方も多いと言えますが、スピリチュアルカウンセラーの方は専門的な知識やスキルを用いて心の不安や悩みに寄り添ってくれる癒しのプロだと言えます。

まとめ

セラピストは実にさまざまな領域で活躍しています。自身の状況に合わせたセラピーを受けて日常に癒しをもたらしましょう。そうすることによってストレスが解消されるとともに心身の健康が促進されますので、日常に取り入れてみてください。

特に、年々増加傾向にあるうつ病にも有効なセラピストの存在は心強いと言えます。自身の不調に合わせてセラピーを取り入れるとともにセラピストに自身の症状を知ってもらいましょう。そうすることによって日常に癒しがもたらされますし、心身の健康の促進にも繋がっていきますのでおすすめします。

家庭医学・健康の関連記事