「うつ病」を正しく理解する

ストレス社会を生きる現代人の多くは何かしらのストレスを抱えながら生活しています。

そんな中ストレスをため込んだりその他にさまざまな要因が重なって落ち込んだり、時には不安な気持ちになることもあると言えます。

「うつ病」はメジャーな言葉として人々に知られるとともに、誰もがなり得る可能性のある身近な病気です。

心身の不調に伴うさまざまな症状が「うつ病」なのかどうか、その症状の継続期間を意識することはもちろん、日頃から「うつ病」を正しく理解して、いざという時に備えておきましょう。

一時的な気分の落ち込みは誰もが経験することでもありますし、日常生活に支障を来さない程度の落ち込みは「うつ病」ではありません。

うつ病の状態とは?

「うつ病」というのは物事に取り組む意欲や関心が失せてしまって何もやる気がしないような状態が2週間以上続いた状態を表します。

食欲減退や不眠といった辛い症状を伴う場合もあるため日常生活に影響を及ぼすと言えます。

気分の落ち込みや意欲の低下といった症状が表れた場合、その症状が「うつ病」によるものなのかそうでないのかを知るためにも専門医を受診してみましょう。

そうすることによって「うつ病」を正しく理解することができます。

そして、早期治療にも繋がりますのでおすすめします。

 

「うつ病」と「うつ状態」は異なる

「うつ状態」に陥った人の多くは「うつ病」を疑いますが、「うつ状態」と「うつ病」は異なるということを意識しておきましょう。

「うつ状態」が長時間に及ぶ場合、「うつ病」のみならず適応障害やパーソナリティー障害、統合失調症や発達障害などの可能性も考えられます。

また、体や脳の病気によってうつ症状が表れる場合もありますので注意が必要です。

認知症はうつ病と間違われることも多く、詳しい問診や状況によっては画像検査なども取り入れて診断しますが、うつ病が認知症に移行するケースもありますので高齢者のうつ病には気を付けなくてはなりません。

他にも、脳梗塞によって脳の働きが低下してうつ症状が表れることもあります、甲状腺の病気でも「うつ病」と似ている症状が表れる場合がありますので気を付けましょう。

「うつ病」の診断は身体の疾患などの原因や可能性を取り除いたうえで検討しなくてはなりません、週末は元気に過ごしているといった場合は「うつ病」には当てはまりません。

とはいえ精神的なエネルギーが低下した状態だと言えますので注意が必要です。

気分の落ち込みや不安感といった「うつ病」の症状が2、3日で回復するような場合はともかく長く続く場合は専門医を受診しましょう。

目安としましては2週間以上続いているかどうかです。

2週間以上何をやっても気持ちが晴れない場合や心身の不調が続く場合は早めに専門医を受診することをおすすめします。

それぞれの症状によって治療法や指導方法が異なりますので、一人で悩むことなく専門医を受診して一歩前に進みましょう。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#ef5350″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココに注意[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”200″]「うつ状態」と「うつ病」は異なるということを意識する。[/st-cmemo]

「うつ病」と「うつ状態」の分類

「うつ病」と「うつ状態」は原因によって治療方法が異なり、

【内因性うつ病】【反応性うつ状態】【症候性うつ状態】【神経症性うつ】の4つに分類されることをご存知でしょうか。

【内因性うつ病】は脳の機能変調によって引き起こされる病気としてのうつ病です。

脳内にある神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンといった物質の代謝の変化が推定されていて、身体の内に起きた変化が原因だと言えますので【内因性うつ病】と呼びます。

【反応性うつ状態】は辛い体験に心が反応して起こり得るうつ状態を表します。

辛い体験は個人によって異なりますが、心に大きなショックが与えられることが原因だと言えます。

【症候性うつ状態】は脳血管障害や内分泌疾患、がんといった身体病や薬剤によって伴ううつ状態をあらわし、【神経症性うつ】は普段から憂うつになりやすい心の持ち方や性格に関連するうつ状態のことを表します。

これらの中でも【内因性うつ病】に属している単極性うつ病は近年増加傾向にありますので注意が必要です。

主に40歳以降の中年から初老期に発症することが多く、慢性的なストレスを抱えていたり生真面目で几帳面、執着性格や人に気を遣うタイプの方に多いと言えます。

 

まとめ

同じ症状と思われがちな「うつ病」と「うつ状態」ですが、これらは違うということを意識しておきましょう。

いまや精神的な不調の代名詞とも言える「うつ病」は身近な病気である一方で本当のところが知られていないという側面を持ち合わせています。

一般的には区別されていないこれらの症状は、精神医学におきましては病気としての「うつ病」と憂うつな状態である「うつ状態」を区別していますが、軽度の「うつ病」や重度の「うつ状態」が存在することから、症状が重いから「うつ病」で症状が軽いから「うつ状態」というわけではありません。

その診断は専門性を要しますので、決して自己判断することなく専門医を受診診断して症状の回復に努めることをおすすめします。

心の健康の関連記事