着物と履物

着物を着た時に履くものと言えば、まずは草履。浴衣を着た時は大抵、下駄ですよね。 他に雪駄とか。どう違うのか知っていますか?

草履や下駄、雪駄ってどんな履物?

フォーマルシーンに履くのは草履。主に男性が履く雪駄。カジュアルにするなら下駄。 簡単に言ってしまえば、こんな感じです。

女性は草履が一般的?

草履は底が平らで、鼻緒がすげられている履物のことです。 材質は合皮や皮。畳や布などで、裏には皮が張られています。 フォーマルからカジュアルまで合わせられる履物です。 一番、履く機会が多く、馴染み深い履物ではないでしょうか。

男性には雪駄?

雪駄は草履の一種で、竹皮や棕櫚などで表が編まれ、裏に皮が張られた履物です。 踵に金具がついており、鼻緒がすげられています。 底が傷みにくく、湿気が通らないように工夫されています。 千利休が考案したとも言われており、一般的に男性の和装時の履物になります。 女性も履けますが、きちんとした場には草履がベストです。 お坊さんが履いている草履と言えば分かり易いでしょうか。 正装時には白の鼻緒がすげられているものを履きます。

カジュアルシーンには下駄

下駄は木で作られ、鼻緒がすげられたものです。 下駄と聞くと、浴衣を連想しますが、浴衣だけでなく、カジュアルな着物全般に合わせられます。 男性の履物としても、雪駄よりカジュアルな扱いになります。 意外に種類が多く、足元のお洒落が楽しめます。

意外と多い下駄の種類

下駄と一言で言っても、歯の形や台の種類が豊富で、印象も様々。 知ってみると面白いアイテムです。 歯とは地面と直接あたる、突起した部分のことです。

台の形もそれぞれ

舟形:草履と同じ形をしたものになります。 形が船のようだから舟形。 底がフラットになっているので、安定感があり、歩きやすいのが特徴です。 少し改まった場にも履いていくことが出来ます。 右近:上から見ると小判形で、横から見ると土踏まずの辺りがくり抜かれているもの。 女性のサンダルに近い形ですね。 接地面が多いので安定感があり、履きやすいものになります。 芳町:二枚歯の下駄の基本の形です。やや角張った形をしています。 下駄と聞いて大半の方が思い浮かべるのが、この形ではないでしょうか。   東京の花街、芳町の芸者が下駄の寿命が短いのを嫌い、歯を高くして欲しいと 頼んだことが名前の由来。(もともと、女性の下駄は低めだったそうです) 接地面が少ないので、歩きやすいとは言えませんが、下駄特有の音がしますし、 涼やかさや、カッコよさといった下駄そのものを楽しめます。 千両:二本歯で前の歯が斜めになっています。角張った形をしています。 千両役者が好んだことが名前の由来。 前のめりに歩く形になるのが特徴。音もします。

台の加工あれこれ

塗り:下駄に漆が塗られたもの。 木目を出した「捌き」と言われるものや、刷毛の跡を残す「はけ目」など 塗りの種類も楽しめます。 黒色が多く、汚れが目立たず、水もはじくのが特徴です。 白木:木地そのものを活かした一般的な下駄です。 汗をよく吸い、滑りにくく、履きやすいのが特徴です。 足の跡がつきやすいのが難点。 焼き:下駄を火で焙り、膠の混じった塗料で磨き上げたもの。 汚れが目立たず、湿気を含まないのが特徴です。 鎌倉彫り:台に文様を彫り、漆を重ね塗りしたもの。 刀痕を残しているのが特徴です。 履き込むうちに艶が出てくるのもポイントの一つになります。 桜張り:山桜の樹皮を台の上に張りつけ、磨きあげたもの。 桜特有の樹皮の模様が活かされ、使い込むと更に風合いが増します。

下駄に足袋は合わせてもいいの?

下駄には種類があり、ちょっとお洒落に履けるものも数多くあります。 足袋を合わせても問題ありません。

浴衣に足袋は変?

おそらく、皆さん気にするのは、浴衣の時でしょう。 別に、浴衣で足袋を履いても問題ありません。 ただ、元々が湯上りに着て涼む着物なだけに、足袋を合わせるのは野暮である とする人も多いことは確かです。 確かに浴衣は暑い時期に着るので、素足の方がより涼しげなのは確かですね。

足袋の種類ってあるの?

足袋にも種類はあります。綿の白足袋が一般的ですが、色のついたものや、 ストレッチ素材のものなど様々です。 白足袋:一般的なもの。綿素材のものは通年で使え、フォーマルからカジュアルまで使えます。 色足袋:色のついた足袋のことです。 足袋の底が白のものと色つきもの物があります。 汚れが目立たないのは良いのですが、フォーマルな場には履けません。 柄足袋:色足袋よりカジュアル感があるのが、柄の入った色足袋です。 フォーマルな場には履いていけませんが、普段着で楽しむ時には 個性が出せるので面白いです。 ストレッチ足袋:こちらもカジュアルシーンにしか使えませんが、簡単に履けるので便利です。ストレッチ素材なのでコハゼがないのです。 足袋にはコハゼと呼ばれる留め金がついています。 踵の上にある、この金具で留めて、足袋が脱げないようにするのです。 他にも、季節に合わせた素材のものや、足袋の汚れ防止や、防寒用としても使える足袋カバーなどがあります。 足の甲に綿を足して、長時間の正座が楽になるように考えられたものもあります。 普段着なら足袋の形の靴下も簡単に履けて便利です。 足元のお洒落も楽しいものですよ。

ビューティの関連記事