Contents
  1. 会社(仕事)に行きたくない
  2. もしかしたら「うつ」かも
  3. 無理をしない事が大事
  4. つらいときは相談を/a>
  5. まとめ

1.会社(仕事)に行きたくない

 

社会人であれば誰しも一度は、会社(仕事)に行きたくないと思ったことがあるのではないでしょうか。

単純に面倒くさいだけだったり、仕事上のトラブルが原因だったり、疲れがたまっているだけだったり、嫌な上司や先輩、同僚に会いたくないだけだったり理由は様々かと思いますが、実際に会社に行ってみれば普段通り仕事ができる場合がほとんどだと思います。

しかし、行きたくない気持ちがいつまでたってもなくならない、その考えばかりが頭に浮かんできて気分が落ち込むなどの症状がみられる場合には注意が必要です。

 

2.もしかしたら「うつ」かも

 

うつ病とは気分の落ち込みや喜び・興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活にも支障をきたすようになった状態を指します。

気分の落ち込みを感じることは誰にでもあることですが、うつ病では時間を経ても気分が晴れることがなく、強い抑うつ感が続くことになります。

毎朝、起きて会社に行くのがつらい、逃げたい、仕事の事を考えたくないなどの症状がみられる場合は会社(仕事)での強いストレスによって、家に帰っても気が休まる時がないなど継続的にストレスを感じる事によって抑うつ感が作りだされている可能性が考えられます。

 

3.無理をしない事が大事

 

もし、あなたがそのような状況に置かれている場合、決して無理をしないことが重要です。本当につらい場合は気持ちが落ち着くまで会社を休むことも大事ですし、会社の事を一時的にでも忘れるために体を動かしてみるなど、気分転換をすることも大事でしょう。

しかし、どうしても気持ちを改善できない場合、会社(仕事)を辞めることも選択肢として考える必要もあるかと思います。無理に会社(仕事)を続けて頑張ったとしても、体調を壊してしまい、今後の人生の中で仕事をできなくなってしまっては元も子もないのです。

 

4.つらいときは相談を

 

会社(仕事)に行くのがつらいときは家族、恋人、同僚など身近な人に相談するのも一つの方法でしょう。

しかし、中には身近な人に打ち明けるのがストレスと感じる人もいるでしょう。その場合は心療内科や心療クリニックなどでこころとからだの状況を相談し、カウンセリングを受けてみるなどしてみてはいかがでしょうか。

特に専門家へ相談することは専門的な見地からアドバイスや治療を行ってくれるため、参考になるかと思います。

 

5.まとめ

 

会社(仕事)に行きたくない場合の見解についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

あなたが同じような悩みを持ってこの記事をご覧になっている場合、もしかしたら「うつ」の入り口に立っているのかもしれません。

そのような場合は重症化してしまう前に、早めに当クリニックへ相談してみてください。

心の健康の関連記事